« 『京都大学 国文学論叢』第38号 | メイン | 『現代短歌』2017年11月号(通巻51号) »

2017年10月27日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●幕末明治文化研究会・12月例会(2017年12月2日(土曜日)午後2時~ 、明星大学27号館10階1001号室 )

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。


--------------------

日時 2017年12月2日(土曜日)午後2時~
場所 明星大学27号館10階1001号室

●発表

出口智之(東海大学) 
「明治文学と絵画―小説と口絵・挿絵の関係をめぐる諸問題―」
 
大川真(中央大学)
「「水府学」「天保学」としての後期水戸学」

【明治初期の挿絵と後期水戸学、一見、無関係のようでありながら、実は、さまざまなラインで繋がっております。
いつも申し上げるように、この幅の広さが幕末明治研究会の肝であります。
なお、会終了後、ささやかな宴を用意しております。こちらにも是非ご参加下さい。】


●グーグル提供広告