« 文化庁・国文学研究資料館、「ないじぇる芸術共創ラボ アートと翻訳による日本文学探索イニシアチブ」の実施を発表(カレントアウェアネス・ポータル) | メイン | 中古文学会 関西部会 第48回例会(平成29年11月18日(土)、京都大学) »

2017年10月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●和歌文学会関西12月例会(第125回)(2017年12月9日(土)午後2時より、大阪市立大学(大阪市住吉区杉本3-3-138)1号館2階128教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://wakabun.blog10.fc2.com/blog-entry-254.html

--------------------

■日時:2017年12月9日(土)午後2時より(午後1時半より受付開始)
   *委員会は二人目の発表後に行います。

■会場:大阪市立大学(大阪市住吉区杉本3-3-138)1号館2階128教室
      JR阪和線「杉本町(大阪市立大学前)」下車。東口より徒歩7分。
      地下鉄御堂筋線「あびこ駅」下車。4号出口より南西へ徒歩約18分。

■研究発表
 1 顕昭古今注釈考
   京都大学(非) 鎌田智恵氏

 2 伏見院の和歌における強調の句表現について
   奈良学園大学  阿尾あすか氏

 3 「毘沙門堂本古今集注」の成立
   関西大学 山本登朗氏

*研究発表後、懇親会を予定しております。

〒631-8502
奈良市山陵町1500番地
奈良大学文学部国文学科石川一研究室内
和歌文学会関西例会事務局
ihajime☆daibutsu.nara-u.ac.jp  ☆を@に変えてください。


●グーグル提供広告