« 相撲博物館「俳句・川柳にみる江戸の相撲」(平成29年10月24日(火)~12月26日(火)) | メイン | 日本出版学会 出版編集研究部会/出版教育研究部会共催「編集者として58年間考えてきたこと ―― なぜ、いま『日本ナショナリズムの歴史』なのか」報告:梅田正己氏(2017年11月16日(木)、日本大学法学部三崎町キャンパス ※要申込) »

2017年10月24日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●茂木本家美術館 企画展「歌川国芳-くによし ギガ良し 笑い良し-」展(平成29年10月25日(水)~12月10日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●詳しくはこちら
http://www.momoa.jp/index.html

--------------------

企画展
     
 『歌川国芳-くによし ギガ良し 笑い良し-』展

  平成29年10月25日(水)~12月10日(日)
 
 歌川国芳(1797~1861)は、1797(寛政9)年日本橋に紺屋の息子として生まれ、15歳のとき、歌川豊国の弟子となりました。1827(文政10)年頃出版した水滸伝シリーズが成功し、武者絵の第一人者になりました。30歳を過ぎて人気絵師になった国芳は、役者絵、美人画、風刺画、戯画など、あらゆるジャンルの浮世絵を手がけました。国芳の絵は、奇想天外なひらめきやユーモアで江戸っ子の心をつかみました。
 国芳が45歳の時、天保の改革により役者絵や美人画が禁止されましたが、国芳は規制をうまく回避し、幕府を風刺するような絵や戯画を描き人気を博しました。
 本展では、想像力溢れる国芳のユーモラスな浮世絵を中心に展示します。思わず笑みがこぼれる浮世絵をどうぞお楽しみください。


●グーグル提供広告