« 第6回動的語用論研究会「動的語用論(Dynamic Pragmatics)の構築へ向けて」(2017年10月1日(日)、京都工芸繊維大学(松ヶ崎キャンパス)60周年記念館1階記念ホール) | メイン | 東アジア恠異学会が「怪異学用語集」のページを公開【怪異学に関わる用語をまとめました。研究の手がかりに、怪異学の理解の一助になれば幸いです。】現在、「怪異」「もののけ」「災異説と天人相関思想」「御霊」「化物」が掲載。 »

2017年9月11日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●永崎研宣「Webコンテンツを解き放つIIIF(トリプルアイエフ、International Image Interoperability Framework)の可能性。」(アートローグ)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【デジタル画像は、公開している美術館や組織・機関のWebサイトに行って見るもの。サイトごとに掲載方法が違うから、見たいサイトの使い方をちゃんと知っているのが現代人のネットリテラシー。このような状況を私たちは当然のものとして受け入れて、使い方をいちいち覚えたり、あるいは、面倒だからあまりネットには近寄らないようにしてきたと思います。

しかし、よく考えてみると、ちょっと変な話です。デジタル画像はどこでも大体同じフォーマットですし、付与されている情報もそれぞれに特徴はあるにせよ、デジタルデータなのだから、もうちょっと簡単に使えてもいいような気がします。

近年、この状況をかなりの程度解決してしまう規格が欧米を中心に急速に広まりつつあります。】
つづきはこちらから。アートローグ。
https://www.artlogue.org/iiif-digital-archive-01/


●グーグル提供広告