« 版元ドットコムが、版元向けツール「Amazonバックオーダー停止対応 在庫チェッカー」の利用をスタート(但し、版元ドットコム会員社限定) | メイン | 「デジタルアーカイブ」と「研究データ」の出会いシンポジウム~データの保存と活用へ、ライブラリアンとアーキビストの挑戦(2017年 11月6日(月) 13時30分~17時45分 (13時00分開場)、国立国会図書館 東京本館 新館 講堂、300名先着順・要申し込み) »

2017年9月29日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●国際日本文化研究センターが、「キリシタン文学の継承:宣教師の日本語文学」(広領域連携型基幹研究プロジェクト:異分野融合による「総合書物学」の構築)ウェブサイトを公開

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

【プロジェクトの概要
1873年、明治新政府がキリスト教を解禁してから多くの宣教師が来日しました。今日までの約150年間、来日宣教師のうち、約300人が日本語で著述し、約3000冊に上る日本語書籍を刊行しています。日本滞在の外国人に関して言えば、宣教師のように使命感に駆り立てられて、矢継ぎ早に日本語を用いて著述する「職業」はほかにないといえるでしょう。 本研究は、1860年代から21世紀までに来日した宣教師が日本語で刊行した作品群を検討し、これらの書物が果たした日本文化への貢献を総合的に解明することに努めるものです。】
詳細は以下より。国際日本文化研究センター。
http://topics.nichibun.ac.jp/ja/sheet/2017/09/29/s002/index.html


●グーグル提供広告