高津 孝 著『江戸の博物学 島津重豪と南西諸島の本草学』(平凡社ブックレット〈書物をひらく〉)

国文学研究資料館さまよりいただきました。
288064.jpg
近世、日本の本草学は、中国に学び、また蘭書に刺激されつつ独自の展開をとげた。薩摩藩主島津重豪(しげひで)を中心に、琉球の本草学や大名趣味としての鳥飼いなど博物知の展開を追う。
シリーズ・巻次 ブックレット 〈書物をひらく〉 6
出版年月 2017/07
ISBN 9784582364460
Cコード・NDCコード 0345 NDC 460
判型・ページ数 A5 112ページ
版元公式ページ
http://www.heibonsha.co.jp/book/b288064.html