« サントリー美術館 六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信(2017年9月16日(土)~11月5日(日)) | メイン | 平野 恵 著『園芸の達人 本草学者・岩崎灌園』(平凡社ブックレット〈書物をひらく〉) »

2017年9月 8日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●上野 健爾 著『和算への誘い 数学を楽しんだ江戸時代』(平凡社ブックレット〈書物をひらく〉)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

国文学研究資料館さまよりいただきました。

288066.jpg

江戸時代に花開いた日本独自の数学「和算」の展開を、基礎をつくった『塵劫記』、天才関孝和の飛躍、円周率の追究、また遺題継承、算額、数学塾のありようなど大づかみに語る。

シリーズ・巻次 ブックレット 〈書物をひらく〉 7
出版年月 2017/07
ISBN 9784582364477
Cコード・NDCコード 0341 NDC 419.1
判型・ページ数 A5 92ページ

版元公式ページ
http://www.heibonsha.co.jp/book/b288066.html


●グーグル提供広告