京大附属図書館IIIF対応と新日本古典籍総合データベースの右⇒左対応(digitalnagasakiのブログ)【さて、さっそく、他機関の画像とも対比してみようかと、こちらの宇津保物語を国文学研究資料館の新日本古典籍総合データベースの宇津保物語をちょっと並べてみました】

【ついに、待ちに待っていた京都大学附属図書館からのIIIF対応デジタルコレクションが公開されたようです。「京大貴重資料デジタルアーカイブ」だそうです。素晴らしいことです。
 京都大学附属図書館は、東京大学大学院人文社会系研究科人文情報学拠点に続いて、日本からIIIFコンソーシアムに加盟した、まだ日本には2つしかない組織の一つであり、IIIF対応コンテンツの公開を心待ちにしていたのでした。多様な資料がIIIF対応で公開されていて、見ているとなかなか楽しいものですね。私の好きな南瞻部洲万国掌菓之図も公開されていて、ちょっとテンションがあがります。コンテンツの豊富さもさることながら、公開に際しては、MiradorとUniversal Viewerという、IIIF対応の二大ビューワのどちらにも対応している上にDropアイコンも用意してらっしゃるので、至れり尽くせりの対応ですね。】
つづきはこちらから。digitalnagasakiのブログ。
http://digitalnagasaki.hatenablog.com/entry/2017/09/09/031034