【Delve into Japanese Culture@ I-House】相撲とメディアの長~い付き合い 講師:リー・トンプソン氏(2017年11月24日(金)、国際文化会館 樺山・松本ルーム ※要申込)

講演会情報です。
●詳しくはこちら
http://www.i-house.or.jp/programs/publicprogram20171124/

——————–
【Delve into Japanese Culture@ I-House】
相撲とメディアの長~い付き合い
講師: リー・トンプソン(早稲田大学教授)
日時: 2017年11月24日(金) 7:00~8:30 pm
会場: 国際文化会館 樺山・松本ルーム
用語: 英語 (通訳なし)
会費: 1,000円
(学生は500円、国際文化会館会員と前日もしくは当日、国際文化会館にご宿泊の方は無料)
英語で日本文化を学びたい方に向けて開催している英語講座シリーズです。今回は長年スポーツ科学の研究をされてきた、リー・トンプソン教授に、相撲とメディアの関係についてお話しいただきます。「伝統」とされている大相撲の現在の姿の形成に、出版、ラジオ、テレビなどのメディアは意外な役割を果たしてきました。メディアと相撲はどのように親密で有益な関係を保ってきたのでしょうか。