第三回 学習者コーパス・ワークショップ ―学習者コーパスから第二言語習得を考える―(平成29年12月3日 (日) 10:00~17:00、国立国語研究所 講堂・多目的室・セミナー室、第二部のみ要申し込み)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20171203-sympo/

——————–
※申し込みは上記公式サイトをご確認ください。
開催期日
平成29年12月3日 (日) 10:00~17:00
開催場所
国立国語研究所 講堂・多目的室・セミナー室 (東京都立川市緑町10-2)
プログラム
第一部 講演・ポスター発表
10:00~10:10
第一部 開会
10:10~11:10
講演1
「学習者コーパスによる第二言語習得理論~Processability Theory~検証」
山口 有実子 (東海大学)
11:10~12:00
ポスター発表
12:00~13:00
お昼休憩
13:00~14:20
講演2
「語用論的転移に関する諸問題」
清水 崇文 (上智大学)
14:20~14:30
第一部 閉会
第二部 ワークショップ
15:00~17:00
ワークショップ
各自持参したPCを使って作業
初心者コース (定員30名)
担当 : 細井 陽子,須賀 和香子
既習者コース (定員15名)
担当 : 佐々木 藍子
対象者
初心者コース
I-JAS というコーパスについてよく知らない方
I-JAS 『中納言』 (検索システム) の基本的な使い方を学びたい方
既習者コース
I-JAS のデータ概要についてある程度ご存知の方
すでに『中納言』 (BCCWJ など) を使用したことがあり,I-JAS 『中納言』の使い方についてより深く学びたい方
第二部 ワークショップについて
定員 : 初心者コース 30名,既習者コース 15名 (先着順)
参加申し込みが必要 (第二部のみ,第一部は参加申し込み不要)
10月3日 (火) から参加申し込み開始
各自PC持参のうえ参加
ワークショップ当日までに『中納言』のユーザー登録,I-JAS の利用申請が必要