« 国立国会図書館の調べ方案内に「戦前期図書の目録」が公開 | メイン | 永青文庫 秋季展「重要文化財 長谷川等伯障壁画展 南禅寺天授庵と細川幽斎」(2017年9月30日(土)~11月26日(日)) »

2017年9月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●山口県立萩美術館・浦上記念館「プリティー♡プリント 江戸の花鳥版画展」(2017年9月16日(土)~10月22日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●詳しくはこちら
http://www.hum.pref.yamaguchi.lg.jp/exhibition/special.html

--------------------

2017年9月16日(土)~10月22日(日)
作品保護のため、会期中展示替えがあります。
前期:9月16日(土)~10月1日(日)
後期:10月3日(火)~10月22日(日)
休館日:10月2日(月)・10月16日(月)
開館時間:9:00~17:00 (入場は16:30まで)
観覧料 一般1,000円(800円)
70歳以上の方・学生800円(600円)
※( )内は前売りおよび20名以上の団体料金。
※前売券はローソンチケット(Lコード61941)、セブンチケットでお求めになれます。
※18歳以下の方、および高等学校、中等教育学校、特別支援学校に在学する生徒は無料。
※身体障害者手帳、戦傷病者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者とその介護者(1名)は無料。
主催 プリ♡プリ展実行委員会(山口県立萩美術館・浦上記念館、読売新聞社、KRY山口放送)、美術館連絡協議会
後援 山口県教育委員会、萩市
協賛 ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜
[展覧会について]
本展では、浮世絵版画における花鳥画の展開をご紹介します。初期の素朴な作品から、鍬形蕙斎や喜多川歌麿などによる贅を尽くした俳諧摺物や狂歌絵本、天保期の歌川広重や葛飾北斎による一枚絵、明治期に西洋絵画に学んだ新しい表現を手がけた小林清親の作品などを展観します。併せて浮世絵以外のジャンルにおける花鳥版画も展示し、南蘋派の流行、本草学や博物学の影響といった文化の諸相との関連についてもご紹介します。


●グーグル提供広告