津山洋学資料館 秋季企画展 ー絵画史料に見るー 江戸の洋楽事始(2017年10月7日(土)~11月5日(日))

展示情報です。
●詳しくはこちら
http://www.tsuyama-yougaku.jp/gyoujiyotei.html

——————–
【予告】秋季企画展
ー絵画史料に見るー 江戸の洋楽事始 
会期:10月7日(土)~ 11月5日(日)
■ 日本の教育や音楽隊などに本格的に西洋の音楽が導入されたのは、明治時代以降と言われていますが、江戸時代にも長崎出島を通じて洋楽はもたらされており、オランダ人と交流するわずかな機会を通じて、日本人もその調べを耳にすることができました。そのような状況の中で、津山藩の洋学者宇田川榕菴は、日本で初めて学術的に西洋音楽を研究し、「西洋楽律稿」などの稿本を残しました。
■本展では、出島への伝来から、ペリー来航、開国に至るまでの江戸時代の西洋音楽受容の歴史と榕菴の研究について、版画や錦絵、榕菴の直筆資料を通じてご紹介します。