« 日本出版学会 出版流通研究部会 今後の出版流通への展望と課題――本の販売の最前線から見た、出版産業の虚像と実像 報告:松井祐輔氏(2017年10月12日(木)、日本大学法学部三崎町キャンパス ※要申込) | メイン | 第9回東京講演会「デジタル技術で魅せる文化財 奈文研とICT」(2017年10月7日(土)、有楽町朝日ホール ※入場無料、要参加申込) »

2017年9月19日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●市美×市博 黒田資料名品展関連講座 「ここまでわかった! 塩竈・松島図屏風の謎」講師:宮田太樹氏・宮野弘樹氏(2017年10月15日(日)、福岡市博物館 ※事前申込不要・先着順)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講座情報です。

●詳しくはこちら
http://www.fukuoka-art-museum.jp/jb/html/jb01/fs_jb01_20170914.html

--------------------

市美×市博 黒田資料名品展関連講座
「ここまでわかった! 塩竈・松島図屏風の謎」のご案内

日本三景としても知られる名勝を描いた塩竈・松島図屏風。この屏風はいつ描かれ、どのように黒田家へ伝えられたのか?美術と歴史、それぞれの視点から謎に迫ります。

日時 2017年10月15日(日)14:00~15:30(13:30より受付開始)
会場 福岡市博物館1階 講座室1
事前申込不要・先着順(定員130名)
講師 宮田太樹(福岡市美術館学芸員)、宮野弘樹(福岡市博物館学芸員)


●グーグル提供広告