« 日本エドワード・サピア協会第32回研究発表会(2017年10月21日(土)、成蹊大学 6号館5階 501教室) | メイン | 永崎研宣「Webコンテンツを解き放つIIIF(トリプルアイエフ、International Image Interoperability Framework)の可能性。」(アートローグ) »

2017年9月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●第6回動的語用論研究会「動的語用論(Dynamic Pragmatics)の構築へ向けて」(2017年10月1日(日)、京都工芸繊維大学(松ヶ崎キャンパス)60周年記念館1階記念ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://sites.google.com/site/dynamicpragmatics/

--------------------

日時:2017年10月1日(日)1:20p.m.~6:30 p.m.
場所:京都工芸繊維大学(松ヶ崎キャンパス)60周年記念館1階記念ホール

受付:1:00 p.m.~
趣旨説明:1:20p.m.~1:30 p.m.
「講師紹介&コミュニケーションのダイナミズム:常態からの逸脱」:田中廣明(京都工芸繊維大学)

第一部 1:30 p.m.~4:20 p.m.
テーマ:「(文法の)多重性・(解釈の)複雑性・(アイデンティーの)揺れ」 
【研究発表】
1.堀内ふみ野(慶応義塾大学(院))・中山秀俊(東京外国語大学) 1:30 p.m.~2:20 p.m.
「会話から見る文法体系の多重性:日本語の日常会話を例にして」

2. 後藤リサ(関西外国語大学) 2:30 p.m.~3:20 p.m.
「複雑なメッセージをいかに読み解くか―疑問文発話の語用論」

3.秦かおり(大阪大学) 3:30 p.m.~4:20pm.
「揺れ動くアイデンティティ―相互行為の場における排除と同化の語用論」

第二部4:30 p.m.~6:30 p.m. テーマ:「語用論と言語類型論のダイナミズム」 .
特別講演:4:30 p.m.~6:30 p.m.
堀江薫先生(名古屋大学)
語用論と言語類型論の関係を「動的に(?)」再考する

連絡先:田中廣明(京都工芸繊維大学)
  〒606-8585 京都市左京区松ヶ崎橋上町 京都工芸繊維大学
Email: htanaka-at-kit.ac.jp (-at-を@に変えてください)
参加費は無料。事前登録必要なし。
終了後、懇親会5,000円(場所は未定。懇親会参加希望者は田中廣明まで上記メール宛先にご連絡をいただけたら)

世話人兼発起人:田中廣明(京都工芸繊維大学)・岡本雅史(立命館大学)・小山哲春(京都ノートルダム女子大学)・木本幸憲(名古屋大学PD)・西田光一(下関市立大学)・五十嵐海理(龍谷大学)・山口征孝(神戸市外国語大学)・吉田悦子(三重大学)・秦かおり(大阪大学)


●グーグル提供広告