« 中国文芸研究会9月例会(2017年9月24日(日)、関西学院大学 大阪梅田キャンパス) | メイン | 【Delve into Japanese Culture@ I-House】相撲とメディアの長~い付き合い 講師:リー・トンプソン氏(2017年11月24日(金)、国際文化会館 樺山・松本ルーム ※要申込) »

2017年9月 1日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成29年度 近代文学講読講座「文学における<近代>と<現代>とは何か」~夏目漱石と村上春樹を中心に~ 講師:半田淳子氏(第一回 2017年10月28日〜全4回 ※要申込【埼玉県内在住・在勤・在学の方】)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

http://www.saitama-bungakukan.org/index.php?key=jocz0qinj-607#_607

平成29年度 近代文学講読講座

「文学における<近代>と<現代>とは何か」
~夏目漱石と村上春樹を中心に~

日時と内容
第一回 10月28日 物語から小説へ
第二回 11月 4日 <近代>との出会い
第三回 11月18日 脱構築の<現代>
第四回 11月25日 世界の中の日本文学
 14:00~16:00(開場13:30)

会場:さいたま文学館 講座室1
対象:埼玉県内在住・在勤・在学の方
定員:42名(申込多数の場合は抽選となります。)
費用:無料
申込方法:往復はがきに「講座名、住所、氏名、年齢、電話番号」を明記の上、さいたま文学館(〒363-0022桶川市若宮1-5-9)へお送りください。(締切りは10月6日消印有効)
※インターネットでのお申込は、システム調整の為、今回は往復はがきのお申込みのみとなります。

講師紹介:半田淳子氏(国際基督教大学教養学部教授)
東京都生まれ、神奈川県(横浜市)在住。
専門は、日本近代文学、国語教育、日本語教育。
現在は、日本語教育研究センター長も兼務。

国語の教員を目指して、東京学芸大学に進学。
在学中に、近代文学(主として明治期の文学)の面白さ、奥深さに目覚め、同大学大学院で教育学修士を、東京大学大学院で文学修士を取得。
その後は、イギリスの日本人学校を含め、6年間、国語の教員として勤務。専任講師として東京学芸大学に在職中、文部科学省の在外研究員としてオーストラリアに渡り、2004年にモナッシュ大学大学院で博士号(日本研究)を取得。

著書に『永遠の童話作家 鈴木三重吉』(高文堂出版)『村上春樹、夏目漱石と出会う―日本のモダン・ポストモダン』(若草書房)がある。

近代文学講読講座チラシ(PDF)


●グーグル提供広告