« 斎宮歴史博物館「災いはモノノケとともに-病気から天変地異まで-」(平成29年10月7日(土)〜11月12日(日)) | メイン | 語彙・辞書研究会 第52回研究発表会(2017年11月18日(土)13時15分~17時、新宿NSビル 3階 3J会議室) »

2017年9月14日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●斎宮歴史博物館 特別展記念講演会「平安・鎌倉時代の病と怪異」講師:山田雄司氏(平成29年10月21日(土)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●詳しくはこちら
http://www.pref.mie.lg.jp/TOPICS/m0014100056.htm

--------------------

 斎宮歴史博物館では、10月7日(土)から始まる特別展「災いはモノノケとともに-病気から天変地異まで-」にあわせて記念講演会を開催します。
 講演会では、流行病やそれに関わる怪異現象について、平安・鎌倉時代の人々の思いを紹介します。ぜひご参加ください。

1 内容
(1)開催日時 平成29年10月21日(土) 13時30分から15時30分まで
 ※受付・開場は、12時30分から
(2)会場   斎宮歴史博物館 講堂(三重県多気郡明和町竹川503)
(3)内容   「平安・鎌倉時代の病と怪異」
人間は、時や場所を選ばず世間を騒がせる不可思議な出来事にいつの時代も恐れおののいてきました。そのような不可思議な出来事の中から流行病や怪異現象について、平安時代や鎌倉時代の人々がどのような思いをもっていたのか紹介します。
(4)講師   山田雄司(やまだ ゆうじ)さん (三重大学教授) 
(5)定員   125名
 ※応募多数の場合は、抽選となります。
 ※抽選となった場合、落選者の中から再抽選の上、42名を「別室モニター室受講者」としてご案内します。
 ※定員に満たない場合は、追加募集を行うことがあります。
(6)参加費  無料

2 募集方法
(1)応募方法  
往復はがきに、住所・氏名(ふりがな)・電話番号を明記のうえ、下記「申込先」までお申込みください。また、三重県ホームページ上の「各種手続・サービス」内の「申請・届出等手続の総合窓口」からも応募できます。
http://www.shinsei.pref.mie.lg.jp/navi2/index.html
※応募は、1通につき1名様までとさせていただきます。
※電話、FAX、電子メールでの応募は、承っていません。
(2)募集期間 平成29年9月9日(土)から平成29年9月29日(金)まで (締切日必着)
(3)結果の発表 10月4日(水)に発送または送信によりお知らせします。

3 申込・問い合わせ先
斎宮歴史博物館 学芸普及課 記念講演会係
〒515-0325 三重県多気郡明和町竹川503
電 話 0596-52-3800(代表)
FAX 0596-52-3724

4 その他・特記事項
特別展「災いはモノノケとともに-病気から天変地異まで-」(10月7日(土)~11月12日(日))は、科学が未発達だった時代に、災いという不安と恐怖の中に、人々が何を見いだし、災いをどのように避けようとしていたのかを紹介する展覧会です。詳細については、9月下旬にお知らせします。


●グーグル提供広告