« 国文学研究資料館のフェイスブックが、別のアカウントで再開。 | メイン | 日中対照言語学会2017年9月例会(2017年9月16日(土)17:00~19:00、大東文化会館 K-401(東武東上線東武練馬駅徒歩3分)) »

2017年9月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●表現学会広島例会(平成29年09月16日(土)14:00~16:50、県立広島大学・広島キャンパス 2215教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://hyogen-gakkai.org/tiku.html#h20170916

--------------------

日時 平成29年09月16日(土)14:00~16:50
場所 県立広島大学・広島キャンパス 2215教室

発表者 馮文彦(広島大学教育学研究科・博士課程後期)
題目 日本語のフィラーの出現条件
ー会話と講義のフィラーを比較するー

発表者 陳真(広島大学教育学研究科・博士課程後期)
題目 第二言語習得研究におけるナラティブの評価構造
―日本語学習者の使用傾向に注目して―

発表者 周密(広島大学教育学研究科・博士課程後期)
題目 男女デュエット曲の歌詞に現れるジェンダー
―『ここにいるよ』『そばにいるね』『はなさないでよ』を例として―


●グーグル提供広告