« 日本比較文学会東京支部・2017年(平成29年)12月例会(2017年12月16日(土)14時より、清泉女子大学2号館 225教室) | メイン | 第221回 Nichibunken Evening Seminar・ギャリー ヒッキー(オーストラリア国立図書館 日本研究員/国際日本文化研究センター 外来研究員)「Meiji Period Kuchi-e(口絵)in The National Library of Australia Collection」(2017年10月5日、国際日本文化研究センター セミナー室2、研究者対象、使用言語・英語) »

2017年9月16日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本比較文学会東京支部・2018年(平成30年)1月例会(2018年1月20日(土)14時より、二松学舎大学3号館 3041教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.hikakutokyo.com/single-post/2017/09/16/支部例会のお知らせ

--------------------

2018年(平成30年)
1月例会
日時:1月20日(土)14時より
会場:二松学舎大学3号館 3041教室

①講師:東京大学(院) 中川映里
 題目:短篇小説ジャンルの展開と翻訳文学 ̶芥川龍之介訳「春の心臓」を事例として̶
②講師:清泉女子大学 有光隆司
 題目:木下杢太郎におけるコスモポリタニズム ̶詩集『食後の唄』自序を読む̶
 司会:星美学園短期大学 武田秀美 ※①②ともに


●グーグル提供広告