« 山口県立萩美術館・浦上記念館「プリティー♡プリント 江戸の花鳥版画展」(2017年9月16日(土)~10月22日(日)) | メイン | 徳川美術館 記念講演会 「日本の江戸文明」講師:德川恒孝氏(2017年9月16日(土)※入館者聴講自由) »

2017年9月12日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●永青文庫 秋季展「重要文化財 長谷川等伯障壁画展 南禅寺天授庵と細川幽斎」(2017年9月30日(土)~11月26日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●詳しくはこちら
http://www.eiseibunko.com

--------------------

■秋季展 「重要文化財 長谷川等伯障壁画展
      南禅寺天授庵と細川幽斎」
会期:9/30(土)~11/26(日)

前期:9/30(土)~10/29(日)
後期:10/31(火)~11/26(日)
※長谷川等伯障壁画は
  前・後期で全点展示替いたします。
細川家ゆかりの南禅寺塔頭・天授庵。
その方丈を飾る長谷川等伯の障壁画全32画面を公開します。(展示替あり)

天授庵は、南禅寺開山の無関普門の塔所として、暦応3 年(1340)に創建された由緒ある塔頭です。応仁の乱以降荒廃していましたが、慶長7 年(1602)に細川幽斎の援助をうけ再興されました。幽斎により再興された方丈、正門などは当時のまま現存しており、その方丈には、長谷川等伯の晩年の作風を伝える障壁画「禅宗祖師図」「商山四皓図」「松鶴図」(いずれも重要文化財)が残されています。長谷川等伯は、豊臣秀吉や千利休に重用された桃山期を代表する絵師ですが、細川家に関わる画事も行っていたのです。

本展では、天授庵方丈障壁画を細川家ゆかりの永青文庫にて全場面公開することで、天授庵と幽斎との関わりを改めて紹介します。また、日通筆「等伯画説」(重要文化財、本法寺)、長谷川等伯「玉甫紹琮像」(高桐院)を特別に展覧します。

細川幽斎は武将であるとともに深く文雅を解した文化人としても知られています。その人物像を通じて細川家に関わる芳醇な人物交流の世界をご覧ください。


●グーグル提供広告