« 法政大学能楽研究所公開セミナー/法政大学大学院国際日本学インスティテュート合同演習 「狂言の笑い―昔と今―」(2017年10月7日(土)、法政大学市ヶ谷キャンパス、ボアソナードタワー26F、スカイホール) | メイン | 国立国会図書館の調べ方案内に「戦前期図書の目録」が公開 »

2017年9月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●研究会「中世「能の語り」の汎用性とキリシタン版『太平記抜書』語り復元―『太平記抜書』「阿新(くまわか)丸の段」と能「壇風」―」(能楽学会共催)(2017年9月29日(金) 17:30~19:30、法政大学市ヶ谷キャンパス、ボアソナードタワー25階、研究所会議室5)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://kyoten-nohken.ws.hosei.ac.jp/info/2017/2722/

--------------------

日時:2017年9月29日(金) 17:30~19:30
発表者:小林千草
語り実演:福王和幸
会場:法政大学市ヶ谷キャンパス、ボアソナードタワー25階、研究所会議室5
共催:能楽学会

※申し込み不要・入場無料


●グーグル提供広告