立教大学文学部文学科日本文学専修・日本文学専攻主催 公開シンポジウム「小劇場演劇の現在・未来」(2017年11月5日(日)、池袋キャンパス太刀川記念館3階多目的ホール ※申込不要、入場無料)

シンポジウム情報です。
●詳しくはこちら
http://www.rikkyo.ac.jp/events/2017/11/qo9edr000000nq8h.html

——————–
公開シンポジウム「小劇場演劇の現在・未来」
文学部文学科日本文学専修・日本文学専攻 主催
2017年11月5日(日)13:00~17:00
池袋キャンパス 太刀川記念館3階 多目的ホール
演劇史を振り返ると幾多の小劇場演劇が誕生し消えていった。いくつかの作品は、より多くの観客を魅了する演劇作品として評価され、優れた表現者たちを世に送り出していったが、それ以外のほとんどの作品は、ごく限られた観客の記憶に残るだけで消えていった。小劇場演劇は自由で多様な表現世界を持っている。エンターテインメントとしても優れている。だが、その楽しさを知っているのは劇場に足を運ぶことができるごくわずかな観客のみであり、そこに居合わせることができない大勢の人々にとっては永遠に出会うことができない未知の世界である。本シンポジウムはこの問題に焦点を当て、多くの人々がその魅力を知ることができる環境を整えるには何が必要なのかという観点から小劇場演劇の現在と未来を展望し、可能性を掘り起こそうとするものである。
詳細情報
名称
公開シンポジウム「小劇場演劇の現在・未来」
内容
《講師》
高萩 宏 氏(東京芸術劇場副館長)
早船 聡 氏(劇作家、演出家、俳優、劇団サスペンデッズ主宰)
《パネリスト》
嶋田 直哉 氏(明治大学政治経済学部准教授)
後藤 隆基(本学社会学部教育研究コーディネーター)
《司会》
石川 巧(本学文学部教授)
対象者
本学学生、教職員、校友、一般
※申込不要、入場無料