« 立命館大学国際言語文化研究所連続講座「越境する民―接触/排除」[10/6(金)「パイレーツ・モダニティ――海賊、奴隷、資本主義」、10/13(金)「アメリカ合衆国の国境の現在――難民、強制送還、移民制度と「排出」メカニズム」、10/20(金)「コンタクトゾーンとしての上海:文学・メディアから浮かび上がる対立の諸相」、10/27(金)「チャイニーズ・ドリームの光と影―中国におけるアフリカ系コミュニティの形成と交易」](毎金曜日17:00-19:00、立命館大学 衣笠キャンパス 創思館カンファレンスルーム) | メイン | 伊賀連携フィールド 2017年度後期市民講座「忍者・忍術学講座」(2017年10月7日(土)~2018年3月10日(土) 全6回・各講座10:30~12:00、ハイトピア伊賀3階 コミュニティ情報プラザホール) »

2017年9月23日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●東京学芸大学主催国際シンポジウム「師範学校アーカイブズの現状と課題」(2017年11月18日(土)9:30~17:15、東京学芸大学 S410教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

シンポジウム情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.u-gakugei.ac.jp/eventc/2017/11/post-387.html

--------------------

【日時】2017年11月18日(土)9:30~17:15
【場所】東京学芸大学 S410教室

9:30 開会挨拶: 出口利定 (東京学芸大学長)
9:45 概要説明: 藤井健志 (東京学芸大学教授・大学史資料室副室長)
10:00 台湾におけるアーカイブズの現状と課題-師範教育史を中心に-
楊思偉 (南華大学講座教授)
11:00 韓国におけるアーカイブズの現状と課題-師範教育史を中心に-
鄭在貞 (ソウル市立大学名誉教授)

13:00 日本の教員養成史研究とアーカイブズの役割
岩田康之 (東京学芸大学教授)
14:00 学芸大における資料収集の現状と課題
小正展也 (東京学芸大学大学史資料室員)
14:30 データベース構築の現状と課題
戎子卿 (東京学芸大学大学史資料室員)

15:30 コメント・全体討論
君塚仁彦 (東京学芸大学教授・大学史資料室員)
17:00 閉会挨拶: 大石 学 (東京学芸大学副学長・大学史資料室長)
司会・進行: 及川英二郎 (東京学芸大学教授・大学史資料室員)

お問合せ:
〒184-8501 小金井市貫井北町4-1-1
東京学芸大学大学史資料室事務室
042-329-7896


●グーグル提供広告