« 平成30年度科学研究費助成事業-科研費-の公募について、要項が発表に | メイン | 帝京大学文学部日本文化学科 専任教員(マンガ・アニメ文化授業)の公募(2017年09月01日 ~ 2017年09月29日 必着) »

2017年9月 1日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●時雨忌記念講演会「芭蕉の求めたもの」講師:大輪靖宏氏(2017年10月8日(日)PM2時〜、江東区芭蕉記念館1階会議室 ※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講演会情報です。

●詳しくはこちら
https://www.kcf.or.jp/basho/event/detail/?id=718

--------------------

<時雨忌記念講演会「芭蕉の求めたもの」>

--芭蕉の俳句は単なる写生ではなく、その奥に深い世界が広がっている。
芭蕉の句と言説から芭蕉の求めた句というものを探ってみた。--

芭蕉が亡くなった旧暦十月十二日を「時雨忌」ともいいます。
江東区芭蕉記念館では、毎年「時雨忌」を記念して、俳人や俳文学者を講師に迎え、講演会を開催しています。
今年は、大輪靖宏先生をお迎えします。

■講師プロフィール

大輪靖宏(おおわやすひろ)

上智大学名誉教授。俳句結社「輪」主宰。
慶應義塾大学大学院国文学専攻博士課程修了。文学博士。
慶應義塾大学国際センター講師を経て上智大学文学部国文学科教授。
日本伝統俳句協会副会長。国際俳句交流協会常務理事。横浜俳話会顧問。
上智句会代表。ソフィア句会代表。
2016年度横浜文学賞受賞。2017年度與謝蕪村賞受賞。

《著書》
『上田秋成文学の研究』(笠間書院)『現代語訳対照 雨月物語』(旺文社)
『上田秋成;その生き方と文学』(春秋社)『江戸文学に見る人間の生き方』(富山県教育委員会)
『芭蕉俳句の試み』(南窓社)『花鳥諷詠の論』(南窓社)
『俳句に生かす至言』(富士見書房)『俳句の基本とその応用』(角川書店)
『なぜ芭蕉は至高の俳人なのか』(祥伝社)『芭蕉の創作法と「おくのほそ道」』(本阿弥書店)
《句集》
『書斎の四次元ポケット』『夏の楽しみ』『大輪靖宏句集』『海に立つ虹』  
  

■日時 10月8日(日)PM2時〜PM3時30分
■会場 江東区芭蕉記念館1階会議室
■申込 9月10日(日)から先着順80名を受け付けます。
■参加費 500円(当日会場受付でお支払ください。)

江東区芭蕉記念館
135-0006 江東区常盤1-6-3
03-3631-1448
fax 03-3634-0986
http://www.kcf.or.jp/basyo/index.html

アクセス:都営新宿線・大江戸線「森下駅」下車徒歩7分
休館日:第2・4月曜日(9/11、9/25は休館です)


●グーグル提供広告