大阪大学近代文学研究会・共同研究会「方法論の再検討─1930-40年代の日本文学研究」(2017年9月15日(金)14:00~16:30、大阪大学 豊中キャンパス 文法経本館2階大会議室)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://handai-kindai.hatenablog.com/entry/2017/09/09/022106

——————–
日時:2017年9月15日(金)14:00~16:30    
会場:大阪大学 豊中キャンパス
文法経本館2階大会議室
※キャンパスマップはこちら
http://www.osaka-u.ac.jp/ja/access/toyonaka/toyonaka.html
1.報告
斎藤理生(大阪大学)
 「評釈と作品論とのあいだ
─太宰治と新聞記事/小説を中心に」
 平浩一(国士舘大学)
 「近代日本文学と横断の問題
―山本有三の調査・研究を事例に」
 松本和也(神奈川大学)
 「文学研究としての昭和10年代
─ねらいと方法」
2.討議