« 藝能史研究會10月例会(2017年10月13日(金)、ハートピア京都4階 第4会議室) | メイン | 神奈川県立公文書館 平成29年度 古文書講座応用編-古文書を"読む"からその背景を"読み解く"まで-(平成29年11月12日(日)〜12月10日(日)までの毎日曜日(全5回)※要申込) »

2017年9月15日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●あきた文学資料館 特別展示(後期)明治150年 正岡子規と秋田(平成29年9月29日(金)~平成30年2月28日(水))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●詳しくはこちら
http://www.apl.pref.akita.jp/bungakushiryokan/tenji.html

--------------------

明治150年 正岡子規と秋田
      
 慶応3年生まれで、今年生誕150年を迎えた正岡子規は、俳句短歌の革新のために苦闘した人物です。子規が生きた明治は、出版・流通の構築、新聞の普及、さらには郵便制度が確立された時代でもありました。子規は、表現者と読者を結び、読者を獲得するために当時最先端のメディアを駆使した人物でもあります。  その評価は依然として高く、さまざまな顕彰事業も行われていますが、子規は本県ゆかりの文学者たちともかかわりが深い人物でもあります。そこで、県内の存する子規の直筆や事跡から、本県ゆかりの人物との関係を掘り起し紹介するために特別展示を行います。

期間 平成29年9月29日(金)~平成30年2月28日(水)
※期間中の休館日は、毎週月曜日及び12月28日~平成30年1月3日です。
場所 あきた文学資料館
時間 午前10時~午後4時
入場料 無料


●グーグル提供広告