« 第10回日本古典文学学術賞受賞者に、高野奈未氏(静岡大学教育学部准教授)『賀茂真淵の研究』(青簡舎)、渡瀬淳子氏(北九州市立大学文学部准教授)『室町の知的基盤と言説形成-仮名本『曽我物語』とその周辺-』(勉誠出版)。 | メイン | 久保田 淳 校訂・訳『藤原定家全歌集』上・下(ちくま文庫) »

2017年9月14日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●北海道大学国語国文学会『国語国文研究』第150号(平成29年9月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

北海道大学国語国文学会よりいただきました。

ISSN02890488_150.jpg

●公式サイトはこちら
https://sites.google.com/site/hkokugokokubun/magazine

北海道大学国語国文学会『国語国文研究 第150号』
平成29年9月11日発行・A5判並製・60頁

【目次】
巻七「覊旅作」考―『万葉集』部類歌巻における〈覊旅〉像―
......... 関谷由一
『万葉集』の身分的階層性にみる歴史意識
......... 廣瀬公彦
川端康成「落葉」論―変奏される輪舞
......... 常 思佳
「山を高み」は「山が高いので」か
......... 江部 忠行

〒060-0810 札幌市北区北十条西七丁目
北海道大学大学院文学研究科内
北海道大学国語国文学会


●グーグル提供広告