« 宣長サミット【基調講演とパネルディスカッション】(2017年10月14日(日)、三重県総合文化センター ※要申込) | メイン | 神奈川近代文学館・山本周五郎展 記念講座 「山本周五郎の魅力」【清原康正(文芸評論家・本展編集委員)】(2017年10月28日(土)14:00から(13:30開場)、神奈川近代文学館 展示館2階ホール(定員220名)、要申し込み一般800円(友の会会員600円)) »

2017年9月22日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●古代文学会・10月例会(第693回)(2017年10月7日(土) 午後2時より5時まで、共立女子大学本館 823教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://kodaibungakukai.sakura.ne.jp/wp/

--------------------

日時 2017年10月7日(土) 午後2時より5時まで
場所 共立女子大学本館 823教室
発表 大胡 太郎氏

題目 崎山多美『クジャ幻視行』--語り得ぬ〈記憶〉・記され得ぬ〈記録〉--

要旨 
 崎山多美『クジャ幻視行』(花書院、2017年6月)は、雑誌「すばる」に2004〜5年に連載された「孤島夢ドゥチュイムニー」「見えないマチからションカネーが」「アコウクロウ幻視行」「ピンギヒラ坂夜行」「ピグル風ヌ吹きば」「マピローマの月に立つ影は」「クジャ奇想曲変奏」の7編から成り、「クジャ連作」作品と通称されている。
 この作品の前後は、沖縄戦をめぐる証言が、大江・岩波裁判において「再審」にさらされつつ、沖縄側の証言者たちは老齢のため「最後の証言」の時期に達しつつあった。
 この連作の題名や内容表現は、琉球(沖縄・宮古・八重山)民謡と、日本古代文学、近現代沖縄からの引用と、様々なコラージュからなっており、また、それらが突きつけてくる「古代」と「現在」がある。
 近代文学のポストコロニアルなアプローチの先行研究があるが、本発表では、それを踏まえつつ、沖縄のスピリチュアリティ・シャーマニズムに基づく読みも含めて「現在」を問うことを試みたい。

司会 津田 博幸氏


●グーグル提供広告