« 並木の里 第84号(『並木の里』の会) | メイン | 松江工業高等専門学校・教員の公募(人文科学科(国語))(2017年09月08日 必着) »

2017年8月 8日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●著:小林泰三 装画:YKBX『わざわざゾンビを殺す人間なんていない。』(一迅社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

編集者・福ヶ迫昌信さんよりいただきました。

9784758049498.jpg

出版社: 一迅社 (2017/6/30)
ISBN-13: 978-4758049498
発売日: 2017/6/30
定価:1,300円(税別)

版元公式サイト
http://www.ichijinsha.co.jp/special/wazazon/

【全人類がウイルスに侵され、死ねば誰もが活性化遺体になる世界。家畜ゾンビが施設で管理され、野良ゾンビが徘徊する日常のなか、とある細胞活性化研究者が、密室の中で突然ゾンビ化してしまう。彼はいつ死んだのか?どうやってゾンビになったのか?生者と死者の境目はどこだったのか?騒然とする現場にあらわれたのは、謎の探偵・八つ頭瑠璃。彼女とともに、物語は衝撃の真相が待ち受けるラストへと加速していく。世界もキャラクターもトリックも真相も予測不可!極上のゾンビ×ミステリー、開幕。】


●グーグル提供広告