« 2017年語彙研究会大会(第15回大会)(2017年9月16日(土) 9:20~16:30、愛知・愛知学院大学大学院栄サテライト(中日ビル11階)) | メイン | 東京都立中央図書館・東京文化財ウィーク2017参加企画展「幕末の大奥と明治の皇城-和宮と昭憲皇太后-」【東京都立中央図書館・東京都公文書館・宮内庁宮内公文書館 共催】(平成29年10月28日(土)から11月12日(日))[江戸城大奥に関する図面群『豊田家文書』を初公開。「TOKYOアーカイブ」で「豊田家文書」のデジタル画像が一部インターネット公開に] »

2017年8月26日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●NHK文化センター町田教室、10月からの国文学等の講座。渡部泰明「『源氏物語の』和歌-須磨巻をめぐって-」、小川剛生「徒然草をどう読むか」、浅見和彦「生誕900年に向けて西行を学ぶ」、種村威史「古文書から読み解く江戸時代」。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

NHK文化センター町田教室からのご案内です。

------

○『源氏物語の』和歌-須磨巻をめぐって-

概要:『源氏物語』は800首近い和歌を含み、和歌史の上でも大きな存在です。
その和歌が物語の中でどのよな意味をもっているか、須磨巻を例に考えてみます。

講師:東京大学教授 渡部泰明

日時:10/20(金)12:00~13:30
受講料:NHK文化センター会員3.261円 一般3.909円
場所:NHK文化センター町田教室

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1131051.html

○徒然草をどう読むか

概要:時代背景を考えつつ、従来の説を徹底的に見直して、改めて本文を精読して
徒然草の魅力に迫ります。

講師:慶應義塾大学教授 小川剛生

日時:10/3(火)から第1火曜日全5回13:00-14:30
受講料:NHK文化センター会員16.848円
場所:NHK文化センター町田教室

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1130518.html

○生誕900年に向けて西行を学ぶ

概要;日本を代表する詩人、西行の和歌と人生を考えます。

講師:成蹊大学名誉教授 浅見和彦

日時:10/24(火)から第4火曜日13:30-15:00 5回
受講料:NHK文化センター会員15.174円
場所:NHK文化センター町田教室

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1090093.html

○古文書から読み解く江戸時代

概要:古文書を丁寧に解読・解釈しながら、江戸時代を生きた人々の息吹を体感します。

講師:國學院大學兼任講師 種村威史

日時:10/14(土)から第2土曜日13:00-15:00 6回
受講料:NHK文化センター会員16.848円
場所:NHK文化センター町田教室

http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_674621.html


●グーグル提供広告