« 東京都立中央図書館・東京文化財ウィーク2017参加企画展「幕末の大奥と明治の皇城-和宮と昭憲皇太后-」【東京都立中央図書館・東京都公文書館・宮内庁宮内公文書館 共催】(平成29年10月28日(土)から11月12日(日))[江戸城大奥に関する図面群『豊田家文書』を初公開。「TOKYOアーカイブ」で「豊田家文書」のデジタル画像が一部インターネット公開に] | メイン | 歴史物語研究会・2017年9月例会 東京例会(2017年9月2日(土) 14:00開始、明治大学駿河台キャンパス 研究棟第5会議室)  »

2017年8月26日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●染谷智幸・畑中千晶編『男色を描く 西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉』(勉誠出版)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

編者、執筆者のみなさまよりいただきました。

9784585230588.jpg

男色を描く
西鶴のBLコミカライズとアジアの〈性〉
染谷智幸・畑中千晶 編
定価 2,376円 (本体2,200円)

ISBN978-4-585-23058-8
CコードC0030
刊行年月 2017年8月
判型・製本 A5判・並製 224 頁

版元公式サイト
http://bensei.jp/index.php?main_page=product_book_info&products_id=100784

【誰も彼もありがたい男色の道に入るのが遅すぎる!!(『男色大鑑』序)...西鶴
日本の古典における男色の世界、二次創作、「萌え」の共振、そしてアジアにおけるBL解釈からLGBT事情まで、時代や国の中で変化していく、恋愛・性愛の多様性を探る。】

【目次】
はじめに◉マイノリティが元気な国は良い国です/染谷智幸

特別寄稿◉『男色大鑑』のショーケース/篠原進

第一部......男色と古典のノベライズ・コミカライズ
座談会◉「男色のコミカライズをめぐって」
大竹直子×斉藤由香里×染谷智幸×畑中千晶
針のある梅―ボクのために死ねますか?/早川由美
あまりにもか弱い美少年のあまりにも強い愛情―井原西鶴の「香木男色譚」二題/浜田泰彦
涙と笑いの男色セレクション―『男色大鑑』の影響下に生まれた作品より/濱口順一
アダプテーションから読む『男色大鑑』―「萌え」を共振・増幅させていく「創作」/畑中千晶
二次創作は虹創作/染谷智幸

第二部......男色とアジア文化圏
座談会◉「タイとインドの男色文化、その多様性をめぐって」
ナムティップ・メータセート×ラージ・ラキ・セン×坂東(丸尾)実子×畑中千晶×染谷智幸
タイにおける性的多様性と文学の読みの可能性について―男色表象からBL解釈まで/ナムティップ・メータセート
タイの男色とLGBT/平松秀樹
アンコール・ワットの「二形」/染谷智幸
〈鳥〉の文学―渇望される〈自由〉の時代的変化とLGBT文学/坂東(丸尾)実子
「同志」と「腐女」と「13 L」―『盗墓筆記』の成功と中国BL創作事情/瀧下彩子

おわりに◉男色、BL、アジアの〈性〉―〈過剰なる情熱〉のありかをめぐって/畑中千晶


●グーグル提供広告