《公開シンポジウム+上映会》 紀行映画「熊野路」と南方熊楠 ―新発見の南方熊楠映像資料をめぐって―(2017年9月15日(金)17:00~19:45(16:40 開場)、青山学院大学(青山キャンパス)11 号館3 階・1135 教室)

シンポジウム情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.minakata.org/cnts/news/index.cgi?c=i170915

——————–
【2015(平成27)年秋、NHK 和歌山放送局に於いて、子爵・野村益三(1875-1959)が1935(昭和10)年に撮影した映画の中に、南方熊楠(1867-1941)の映像が残されていることが確認された。映画は「熊野路」と題された15 分ほどの紀行フィルムである。紀北の和歌山城や和歌浦から始まり、紀南の白良浜、田辺、中辺路を経て瀞峡、那智へと至る旅路と、各地の名所が映像で紹介されている。各名所の映像が流れるのにまじって、自邸の庭に佇む南方熊楠の映像が20 秒ほど映し出される。
 本企画では、映画「熊野路」を発見後、はじめて首都圏で全篇上映するとともに、その内容について多角的に検討をしてみたい。 】
◆開催日時
 2017年9月15日(金)17:00~19:45(16:40 開場)
◆会場
 青山学院大学(青山キャンパス)11 号館3 階・1135 教室
◆定員:140 名(先着) 
◆入場:無料 
◆申込:不要
◆報告
 田村義也/ TAMURA Yoshiya(成城大学非常勤講師・南方熊楠顕彰会学術部長)
 「昭和10 年の南方熊楠:新出映像のもつ意味」
 岸本昌也/ KISHIMOTO Masaya(武蔵大学非常勤講師)
 「野村益三子爵と映画『熊野路』」
 
 土永知子/ DOEI Tomoko(和歌山県立田辺高等学校教諭・南方熊楠顕彰会学術部委員)
 「映像に見る熊野路の植生」
コメンテーター
 郷間秀夫/ GOUMA Hideo(栃木県立那須拓陽高校教諭)
 工藤健一/ KUDO Kenichi(青山学院大学非常勤講師)
司会
 杉山和也/ SUGIYAMA Kazuya(青山学院大学大学院博士後期)