細見美術館 細見コレクション名品選 麗しき日本の美 ―秋草の意匠―(2017年8月26日(土)〜10月9日(月・祝))

展示情報です。
●詳しくはこちら
http://www.emuseum.or.jp/exhibition/ex055/index.html

——————–
会期:2017年8月26日(土)- 10月9日(月・祝)
開催概要
開館時間 : 午前10時 – 午後6時(入館は午後5時30分まで)
休館日 : 月曜日(祝日の場合は、翌火曜日)
入館料 : 一般 1,200円(1,100円) / 学生 1,000円(900円)
※( )内は20名以上の団体料金
※障がい者の方は、障がい者手帳などのご提示でご優待
(一般 1,200円→1,100円 / 学生 1,000円→900円)
主 催 : 細見美術館
趣旨文
 細見美術館の多彩なコレクションから毎回テーマを設けて開催しているシリーズ「麗しき日本の美」展の第6弾。
 今回は日本美術に多くみられる「秋草」がテーマです。その優美・繊細な趣きは、うつろいを愛でる日本人の美意識に寄り添うものとして、文学のみならず、絵画や工芸作品の主題として好まれてきました。
 本展では、琳派や若冲の絵画作品のほか、優美な意匠の羽黒鏡、華やかな蒔絵の調度品や七宝金具などを紹介します。萩、薄、桔梗、女郎花、菊、楓など、たおやかで可憐な意匠の数々を通して、少し早く訪れた秋の風情を味わってください。