« シンポジウム「交流・交通・交錯の力学 1930年代東アジアモダニズム文学再考」(2017年9月6日(水)15:30-18:30、東京大学駒場キャンパス18号館4階 コラボレーションルーム3、入場無料、予約不要) | メイン | 燕市分水良寛史料館 秋の特別展 良寛墨宝展(平成29年10月17日(火)〜11月12日(日)) »

2017年8月28日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●八幡市立松花堂庭園・美術館 市制施行40周年記念・開館15周年 特別展「松花堂昭乗、書画のたのしみ-麗しき筆あと、愛らしき布袋-」(平成29年10月28日(土)~12月10日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●詳しくはこちら
http://www.yawata-bunka.jp/syokado/event/index.htm

--------------------

次々回に開催予定の展覧会は、
市制施行40周年記念・開館15周年 特別展
 松花堂昭乗、書画のたのしみ-麗しき筆あと、愛らしき布袋-
です。

江戸時代の頃、石清水八幡宮を峰に頂く男山(京都府八幡市)の中腹に、瀧本坊というお寺がありました。そこにひとりの機知に富むお坊さんがいました。その人は、戦国の世が終わりを迎えようとする天正12年(1584)に生まれ、江戸時代初期に至る転換期をしなやかに生きました。名を「昭乗」といい、晩年「松花堂」という草庵を構えたことから、松花堂昭乗と呼ばれます。
真言密教を修する僧であり、茶の湯を愛し、書画に優れた昭乗は、混沌とした時代にあって、知識と教養がもたらす新たな世界を先導した人物のひとりです。このたびの展覧会では、穏やかなヒューマニスト・松花堂昭乗の書画の魅力に迫ります。

会期 : 平成29年10月28日(土)~12月10日(日)
       前期 : 10月28日(土)~11月19日(日)
       後期 : 11月21日(火)~12月10日(日)
      *会期中、展示替えがあります

 ・開館時間 : 午前9時~午後5時(入館は4時30分まで)
 ・休館日 : 月曜日(ただし、11月6日は開館)
 ・入館料 : 一般600円・学生500円・高校生以下無料(20名様以上団体2割引)
        〈庭園共通券〉一般940円・学生750円
     ☆ 石清水八幡宮 特別共通拝観券(特典付) 1,280円
     ☆ 平成29度 秋期京都非公開文化財特別公開
       [庭園・特別展共通券] 一般・学生800円 高校生・中学生400円
        期間 : 11月1日(水)~11月12日(日) 
        主催 : 公益財団法人京都古文化保存協会

★ 特別講演会 「松花堂昭乗、ピュアでキュートな書画のひみつ」
     講師 : 門脇 むつみ(美術史家) 
           <聞き手> 川畑 薫(当館学芸員) 
     日時 : 12月3日(日) 午後1時30分~
     会場 : 松花堂美術館 講習室
     定員 : 80名(要申込)
     参加費 : 無料、展覧会をご覧になる方は観覧料が必要です
     申込 : お電話またはFAX、ご来館にて事前にお申し込み下さい

★ ギャラリートーク : 学芸員によるみどころ解説
    11月4日(土)、11日(土)、18日(土)、23日(木・祝)、
    12月9日(土)
     各日午前11時より展示室にて *申込不要(観覧料が必要です)

※宇治市源氏物語ミュージアムとの相互割引実施!
  どちらか1館の半券提示で、他館の観覧料が団体割引となります
 <実施期間>
  9月13日(水)~12月10日(日) 
   ◎宇治市源氏物語ミュージアムHPはこちら

 ・お問い合わせ : 八幡市立松花堂庭園・美術館 
           Tel:075-981-0010/FAX:075-981-0009

主催 : 八幡市立松花堂庭園・美術館(公益財団法人やわた市民文化事業団)


●グーグル提供広告