【研究計画調書の暫定版を公表】平成30年度科学研究費助成事業の研究計画調書について(日本学術振興会)

【○平成30年度科学研究費助成事業の研究計画調書について
平成30年度科学研究費助成事業に係る公募・審査より、審査区分および審査方式を見直し、新たな審査区分として「小区分、中区分、大区分」を設定するとともに、新たな審査方式として「総合審査」及び「2段階書面審査」を導入する予定です(「科研費審査システム改革2018」(詳細は参考2を参照してください))。
当該見直しを踏まえ、平成30年度科学研究費助成事業から適用する新たな研究計画調書について検討したところです。
ついては、応募を希望している研究者が円滑に応募できるよう、平成29年9月に公募を予定している研究種目等のうち、特に従前の研究計画調書を大きく変更する予定の「特別推進研究」、「基盤研究(一般)」、「若手研究」の研究計画調書の暫定版を公表するものです。なお、研究計画調書の英語版についても作業中であり、準備ができ次第公表する予定です。
また、平成30年度科学研究費助成事業に係る審査において適用する審査基準等を定めた「科学研究費助成事業における審査及び評価に関する規程」(独立行政法人日本学術振興会科学研究費委員会)については、本年9月早々に本会ホームページにおいて公開する予定です。】
つづきはこちらから。日本学術振興会。
http://www.jsps.go.jp/j-grantsinaid/06_jsps_info/g_170807/index.html