ワークショップ「プロソディ研究のための方法論:コーパス・生理・文タイプ」(平成29年10月1日 (日) 10:00~12:00、東京大学 本郷キャンパス)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20171001-sympo/

——————–
開催期日
平成29年10月1日 (日) 10:00~12:00
日本音声学会第31回大会会期に合わせて開催
開催場所
東京大学 本郷キャンパス
—-
【ワークショップの要旨
従来よりアクセントやイントネーションなどといったプロソディの研究は母語話者の内省・直観に基づく研究の他に,音響分析や聴覚実験など実験的アプローチによる研究も盛んに行われてきた。その一方で実験心理学的手法の浸透やコーパスの整備・洗練化が進み,プロソディ研究に対するアプローチは広がりを見せつつある。そこで,本ワークショップでは発表者たちが行った様々なアプローチによるプロソディ研究について,方法論とその研究手法によって得られた成果に焦点を当てて紹介する。広い意味での実験的アプローチを用いたプロソディ研究には次のような論点が存在するだろう。
産出を見るか知覚を見るか
実験発話か自発発話か
行動的指標か生理的指標か
どのようなプロソディの単位を扱うか
本ワークショップでの議論を通じて,これらの論点に関する何らかの示唆を与える,ないしはより具体的な問題の提起につなげていく。また,各発表者からその方法・手法を用いることによって何が見えてくるのかを具体的に提示することで,フロアと今後期待される研究の方向性についても議論し,問題を共有できることを願っている。】
10:00~12:00
 ワークショップ 「プロソディ研究のための方法論 : コーパス・生理・文タイプ」
コメンテーター
松井 理直 (大阪保健医療大学)
「ERPを用いた複合語アクセントの研究 : 現状と課題」
松浦 年男 (北星学園大学),安永 大地 (金沢大学),水本 豪 (熊本保健科学大学)
「曖昧文の産出実験によるイントネーションの方言差の研究」
五十嵐 陽介 (一橋大学),広瀬 友紀 (東京大学)
「日英のコーパスを用いたプロソディ研究」
北原 真冬 (上智大学)