2017年EAJSリスボン大会プレイベント「日本語の歴史的典籍研究の近未来」(2017年8月30日、リスボン新大学 講堂2)

研究会情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.nijl.ac.jp/pages/cijproject/event_20170830.html

——————–
2017年8月30日 10:00 〜12:30 リスボン新大学 講堂2 Auditorium 2, Faculdade de Ciências
Sociais e Humanas, Universidade Nova de Lisboa (FCSH/NOVA, Faculty of Social Sciences and Humanities, New University of Lisbon) http://www.fcsh.unl.pt/
10:00 – 10:10
ディディエ ダヴァン (Didier Davin ) 国文学研究資料館 開会挨拶
10:10 – 10:35
山本和明 (Yamamoto Kazuaki) 国文学研究資料館 古典籍共同利用事業センター 日本語の歴史的典籍と研究の近未来
10:35 – 11:00
北本朝展 (Kitamoto Asanobu) 国立情報学研究所/人文学オープンデータ共同利用センター クリエイティブなハサミとノリ:IIIF Curation Viewerと人文情報学の探求
11:00 – 11:25
高田智和 (Takada Tomokazu) 国立国語研究所 変体仮名とユニコード
11:25 – 11:35 休憩
11:35 – 12:00
齋藤真麻理 (Saitō Maori) 国文学研究資料館 デジタル画像がひらく物語絵研究
12:00 – 12:30 討議
コメント :ピーター コーニツキー ケンブリッジ大学
佐々木孝浩 慶應義塾大学附属研究所斯道文庫 海野圭介 国文学研究資料館