« 『よみたい万葉集』(西日本出版社)原画展(東京 2017年8月30日(水)〜9月10日(日))&トークイベント(9月10日(日)※要申込) | メイン | ノートルダム清心女子大学 日文エッセイ【第166回】鬼はどこにいる?──桃太郎・温羅伝説と能「吉備津宮」から──(木下華子) »

2017年8月 1日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●メネストレル主催・若手研究セミナー《中世学のネットワークとツール》・国際シンポジウム《中世における文化交流--対話から文化の生成へ--》(セミナー=2017年11月17日(金)【申込不要】・シンポジウム=11月18日(土)・19日(日)【要申込】、大和文華館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.menestrel.fr/
●プログラムはこちら
http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/programme_nara_16_juillet_2017__jp_.pdf

--------------------

メネストレル主催
若手研究セミナー ≪中世学のネットワークとツール≫
国際シンポジウム ≪中世における文化交流―対話から文化の生成へ―≫

日時:2017 年 11 月 17 日(金)~19 日(日)
場所:大和文華館(奈良県)(http://www.kintetsu-g-hd.co.jp/culture/yamato/)

※メネストレル(http://www.menestrel.fr/)は、中世学者の国際的な組織です。活動内容については、以下をご参照ください:「メ ネストレル:中世学のネットワークとツール」『西洋中世研究』第 7 号,知泉書館,2015 年

プログラム
※欧文版最新プログラムは、以下をご参照ください:
http://www.menestrel.fr/IMG/pdf/programme_nara_16_juillet_2017__fr_.pdf

2017 年 11 月 17 日(金)

9:00 東大寺見学
11:00 古川攝一学芸員の案内で大和文華館の展覧会を見学
12:00 昼食

若手研究セミナー ≪中世学のネットワークとツール≫
※無料でご参加いただけますが、大和文華館への入場料(620 円)が必要となります。なお、事前登録の必要はありません。

13:30 Presentation of the Ménestrel Network and Website
 Christine DUCOURTIEUX ,パリ西洋中世史研究所-フランス国立パリ第1パンテオン・ソルボンヌ 大学 研究技術員 & Isabelle DRAELANTS,フランス国立文献史研究所‐フランス国立科学研究セ ンター 研究ディレクター
13:50 Presentation of the "Medievalists on the Map" Section of the Ménestrel Website
 Hanno WIJSMAN, フランス国立文献史研究所‐フランス国立科学研究センター 教育技術員
14:00 Presentation of the "Thematic Repertory" Section of the Ménestrel Website: the Example of the "Food" Page
 Aude MAIREY, パリ西洋中世史研究所‐フランス国立科学研究センター 研究員 & Alban Gautier,
オパール海岸リトラル大学-フランス大学学院 准教授
14:15 Presentation of the Ménestrel Series "On the Use of...in Medieval History"
 Benoît GREVIN, パリ西洋中世史研究所-フランス国立科学研究センター 研究ディレクター
14:30 Presentation of the "Primary Sources and Resources" Section of the Ménestrel Website
 Anne-Sophie TRAINEAU-DUROZOY, ポワチエ大学図書館 司書
14:45 質疑応答
 通訳:井野崎千代子, 大阪産業大学 兼任講師
14:55 休憩
15:10 Current Developments in Paleography : From the History of Scripts to a Global History of Writing Systems ?
 Marc SMITH, フランス国立古文書学校 教授‐国立高等研究実習院 教育ディレクター
15:30 Digital Palaeography: From Technical to Epistemological Challenges (New Tools and New Research Questions)
 Dominique STUTZMANN, フランス国立文献史研究所‐フランス国立科学研究センター 研究員
15:50 Web Tools and Databases in the Field of the History of Medieval Manuscripts and Texts: Some Existing Instruments and New Perspectives
 Hanno WIJSMAN, フランス国立文献史研究所‐フランス国立科学研究センター 教育技術員
16:10 Presentation of the SHMESP (Society of Medieval Historians in French Public Higher Education)
 Aude MAIREY, パリ西洋中世史研究所‐フランス国立科学研究センター 研究員
16:30 Presentation of the SLLMOO (Society of Medieval Language and Literature in Langue d'Oc and Langue d'Oïl)
 Joëlle DUCOS, フランス国立パリ第4ソルボンヌ大学 教授
16:50 質疑応答
 通訳:井野崎千代子, 大阪産業大学 兼任講師
17:00 閉会
19:00 懇親会 (於:KOTOWA)
 ※発表者、司会者、通訳・翻訳者のみ

2017 年 11 月 18 日(土)

国際シンポジウム ≪中世における文化交流―対話から文化の生成へ―≫
※無料で御参加いただけますが、大和文華館への入場料(620 円)が必要です。参加受付は 9 月下旬に開始し、定員 150 名に達 し次第、締め切らせて頂きます。発表原稿の翻訳入手方法につきましては、参加者に別途ご案内させて頂きます。

10:00 受付
10:30 大和文華館の紹介(日本語)
 古川攝一, 大和文華館 学芸員
 (翻訳:有田豊, 立命館大学 嘱託講師)
10:45 イントロダクション(仏語)
 Christine DUCOURTIEUX, パリ西洋中世史研究所-フランス国立パリ第1パンテオン・ソルボ ンヌ大学 研究技術員
 (翻訳:有田豊, 立命館大学 嘱託講師)

11:00 研究発表1:文化交流としての宗教活動 (司会:小澤実, 立教大学 准教授)
11:05 南宋宮廷コレクションと仏教世界の再生―士大夫社会の変容―(日本語)
 塚本麿充, 東洋文化研究所‐東京大学 准教授 (翻訳:田辺めぐみ, 帝塚山学院大学 兼任講師)
11:35 文化交流としてのキリスト教への改宗(英語)
 Alban GAUTIER, オパール海岸リトラル大学 - フランス大学学院 准教授
 (翻訳:成川岳大, 立教大学 兼任講師)
12:05 質疑応答
12:20 昼食

14:00 研究発表2:異文化へのまなざし(司会:蜷川順子, 関西大学 教授)
14:05
14:35 窓口としての図書館:ブルゴーニュ公と東方という魅惑(英語)
 Hanno WIJSMAN, フランス国立文献史研究所 - フランス国立科学研究センター (翻訳:佐藤龍一郎, 東京大学 博士課程)
15:05 質疑応答
15:20 休憩
中世日本人の外国人観(英語)
 伊川健二, 早稲田大学 准教授 (翻訳:伊川健二)
 教育技術員

15:35 研究発表3:文学にみる文化交流のかたち (司会:黒岩卓, 東北大学 准教授)
15:40 13 世紀の写本に見るイタリア=フランス語 ―人工言語、混成言語、あるいは接触言語?―(仏語)
 Anne ROCHEBOUET, ヴェルサイユ・サンカンタン・アン・イヴリーヌ大学 准教授 (翻訳:島崎利夫, 東京大学 博士課程)
16:10 英仏の和平を求めて ―ジョン・ガワーとフィリップ・ド・メジエールの教訓的書簡―(英語) 小 林宜子, 東京大学 教授
 (翻訳:小林宜子)
16:40 質疑応答
17:00 閉会
19:00 懇親会 (於:奈良国立博物館内、葉風泰夢(http://www.narahaku.go.jp/info/08.html)
 ※懇親会への参加受付は、9 月下旬から 10 月末日までを予定しております。

2017 年 11 月 19 日(日)

国際シンポジウム≪中世における文化交流―対話から文化の生成へ―≫
※無料で御参加いただけますが、大和文華館への入場料(620 円)が必要です。参加受付は 9 月下旬に開始し、定員 150 名に達 し次第、締め切らせて頂きます。発表原稿の翻訳入手方法につきましては、参加者に別途ご案内させて頂きます。

10:00 パネル:西欧中世と日本中世比較研究の可能性
10:00 イントロダクション
 Benoît GREVIN, パリ西洋中世史研究所‐フランス国立科学研究センター 研究ディレクター
10:15 西欧-日本の交差するまなざし ―君主と戦士貴族の印章― (仏語)
 Ambre VILAIN, フランス国立ナント大学 教育研究補助員 (翻訳:頼順子, 佛教大学 兼任講師)
10:40 家紋とアルモワリ ―比較標章学の一例―(仏語)
Laurent HABLOT, フランス国立高等研究実習院 教育ディレクター
 (翻訳:江川温, 大阪大学 名誉教授)
11:05 休憩
11:20 前近代の西欧と日本におけるボディ・メタファーと政治言語(仮題、英語)
 Serena FERENTE , ロンドン大学キングスカレッジ 専任講師 & 佐藤公美, 甲南大学 教授
11:50 宗教はいかに戦争に影響を与えたか ―中世の日本と西欧比較―(英語)
 Philippe BUC, ウィーン大学 教授
 (翻訳:斉藤恵太, 京都教育大学 専任講師)
12:20 『ローランの歌と平家物語』 ―比較研究の可能性について―(仏語)
 Benoît GREVIN, パリ西洋中世史研究所‐フランス国立科学研究センター& 黒岩卓, 東北大学 (翻訳:黒岩卓)
12:50 質疑応答
13:00 昼食
14:30 研究発表 4:比較研究のさきに (司会:稲賀繁美, 国立国際日本文化研究センター 副所長)
14:35 マンドレイクの採取法 ―中世ヨーロッパ・中東・中国における知識の往還―(英語)
 山中由里子, 国立民族学博物館 准教授
 (翻訳:山中由里子)
15:05 中世東洋における教訓物語 ―ThEMA(中世教訓逸話集シソーラス)データベースにおける索引 のための批判的アプローチ要素―(仏語)
 Jacques BERLIOZ,社会科学高等研究院-フランス国立科学研究センター 研究ディレクター (翻訳:室崎知也, 独立研究者)

15:35 西欧‐アジアの中世軍事文化比較史 ―弓とシュルコ―(仏語)
 堀越宏一, 早稲田大学 教授
 (翻訳:堀越宏一)
16:05 休憩
16:20 質疑応答
16:45 結論
 Isabelle DRAELANTS, フランス国立文献史研究所‐フランス国立科学研究センター
17:00 閉会


●グーグル提供広告