« メネストレル主催・若手研究セミナー《中世学のネットワークとツール》・国際シンポジウム《中世における文化交流--対話から文化の生成へ--》(セミナー=2017年11月17日(金)【申込不要】・シンポジウム=11月18日(土)・19日(日)【要申込】、大和文華館) | メイン | 目白大学 専任講師(国語教育)募集(2017年10月13日 必着 (厳守)) »

2017年8月 1日

 記事のカテゴリー : ホームページ紹介

●ノートルダム清心女子大学 日文エッセイ【第166回】鬼はどこにいる?──桃太郎・温羅伝説と能「吉備津宮」から──(木下華子)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

日本語日本文学科ブログを更新。

【 2017年5月13日(土)、観世流能楽師・林宗一郎氏によって復曲された岡山ゆかりの能「吉備津宮」が後楽園能舞台で初披露された。「吉備津宮」は、岡山市北区吉備津に鎮座する吉備津神社の由来を語る能で、桃太郎伝説のモデルとなった吉備津彦命による温羅(うら)退治を軸とし、著名な鳴釜神事を取り込むなど、岡山の歴史と深く結びついた曲である。復曲を監修した能楽研究者・松岡心平氏の解説をもとにあらすじを記すと、以下のようになる。】

●続きはこちら
http://www.ndsu.ac.jp/department/japanese/blog/2017/08/165-1.html


●グーグル提供広告