« 全国大学国語国文学会の第十二回全国国語国文学会賞に、片龍雨氏『四世鶴屋南北研究』(若草書房) | メイン | 《公開シンポジウム+上映会》 紀行映画「熊野路」と南方熊楠 ―新発見の南方熊楠映像資料をめぐって―(2017年9月15日(金)17:00~19:45(16:40 開場)、青山学院大学(青山キャンパス)11 号館3 階・1135 教室) »

2017年8月10日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●立命館大学日本文学会・第151回研究例会(2017年9月10日(日)13:00~、清心館 3階 533教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://ritsnichibunkai.blog.fc2.com/blog-entry-192.html

--------------------

日 時:2017年9月10日(日)13:00~
会 場:清心館 3階 533教室
参加費:無 料

◆『古事記』仁徳天皇条にみられる儒教思想
   ――「聖帝世」と「因無礼而、退賜」に着目して――
  立命館大学大学院博士課程前期課程  吉川 益弘

◆谷崎潤一郎「ハッサン・カンの妖術」論
   ――「ハッサン・カン」の〈魔法〉について
  立命館大学大学院博士課程前期課程  カ シュリン

◆『夜の寝覚』の手紙
  立命館大学大学院博士課程後期課程  池田 彩音

◆『愚管抄』の幼学性――受け継がれる「権者」の系譜――
  近江高等学校常勤講師  児島 啓祐


●グーグル提供広告