« 神奈川県立金沢文庫 月例講座「寶生寺の美術鑑賞講座」講師:梅沢恵氏(平成29年9月16日(土)※要申込【8月27日必着】) | メイン | 実践女子大学文学部国文学科 准教授または専任講師の公募(中国文学・中国思想・漢文学)(2017年10月02日 必着) »

2017年7月31日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●松永伸太朗著『アニメーターの社会学―職業規範と労働問題―』(三重大学出版会)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

三重大学出版会さまよりいただきました。

903866-41-3.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.mie-upress.com/ctlg/ctlg-animator.html
●直販はこちらから(※全国の書店での取り寄せも可能です)
http://www.mie-upress.com/ctlg/index.html

アニメーターの社会学―職業規範と労働問題―
松永伸太朗著

本体価格¥2400+税
'17/08/10刊
ISBN978-4-903866-41-3 C3079
A5版、249頁

目次
序 章 本書の問題設定と構成
第1章 アニメーターという対象
第2章 働きすぎという現象の捉え方
第3章 データと方法 ―規範の記述とエスノメソドロジー
第4章 アニメーターの仕事についてのエスノグラフィックな前提
第5章 アニメーターの仕事を形作る二つの職業規範
第6章 規範の利用と独創性の発揮
第7章 規範の利用と労働条件の受容
第8章 アニメーターにとっての労働問題
終 章 本研究の意義と課題

見所:アニメーターの社会学―職業規範と労働問題―
 日本のアニメ産業を支えるアニメーターの労働実態は過酷であることが知られるが、なぜ彼らはそうした労働を受容するのか。アニメーターへのインタビューの社会学的分析から彼らがふさわしいと見なすあり方は既存の独創性を発揮する「クリエーター」ではなく、工程を遵守する 「職人」であり、その「職人」としての実力観から一見過酷な労働の受容が可能になっていること、それでもなお不合理とみなされる事態があることを明らかにした。

※装幀=笠間書院装幀室(西内)が担当しました。


●グーグル提供広告