« 「日本文学研究ジャーナル」第2号・特集「中世の日記―文学・歴史からのアプローチ―」(編集、田渕句美子・谷 知子)(古典ライブラリー) | メイン | 全国大学国語国文学会『文学・語学』第218号[創立60周年記念号]/第219号 »

2017年7月 7日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●古井由吉『楽天の日々』(キノブックス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

キノブックスさまよりいただきました。

furui9784908059735.jpg

楽天の日々
古井由吉
本体 2,400 円(税別)
ISBN978-4-908059-73-5

版元公式サイト
http://kinobooks.jp

【恐怖が実相であり、平穏は有難い仮象にすぎない。何も変わりはしない――

現代日本最高峰の作家による、待望の最新エッセイ集。
デビューから五十年にわたり、ジャンルの壁を超え「エッセイズム」を追求してきた古井由吉。この十数年の作品を中心に、様々な紙誌から百余篇に及ぶエッセイを集成。
一九九一年発表の短篇小説「平成紀行」を特別収録。

古井作品の多くを手掛ける菊地信義による装幀。
高密度な写実表現で知られる諏訪敦が描く、古井由吉の肖像を装画として使用。

読むことと書くこと、古典語のおさらい、芥川賞選考、阪神淡路大震災、東日本大震災、気象、草木や花、エロス、老い、死、大病と入院、ボケへの恐怖、最初の記憶、大空襲下の敵弾の切迫など、多様なモチーフを端正かつ官能に満ちた文章で綴る。

「悲観に付くほどには、物事をきびしく見る人間ではない。楽天に付くほどには、腹のすわった人間でもない。いずれ中途半端に生きてきた。それでも、年を取るにつれて、楽天を自身に許すようになった。理由は単純、老齢に深く入れば来年のことすら、ほんとうのところ、生きているものやら、わからないのだ。この春も、また自分にめぐってくるものやら、知れない。だからこその楽天である。」(本文より)】


●グーグル提供広告