« 福岡大学図書館 第4回オーサービジット「芥川賞作家羽田圭介講演会」(2017年10月16日(月)※一般市民の方は要申込) | メイン | 山陽新聞朝刊(2017年6月28日)に、井上泰至編『俳句のルール』(笠間書院)の書評が掲載されました(小畑誠氏)。 »

2017年7月 4日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●田島優『「あて字」の日本語史』(風媒社)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

田島優氏よりいただきました。

8331-2094-4.jpg

●公式サイトはこちら
http://www.fubaisha.com/search.cgi?mode=close_up&isbn=2094-4

「あて字」の日本語史

著者: 田島優

本体価格: \2,200(税別)
サイズ: 四六判上製 240頁
ISBN: 4-8331-2094-4
発行年月: 2017年6月刊

■内容説明
いつ、どのように誕生したのか? 古代から現代まで、「あて字」の歴史的変遷を辿ったはじめての通史。

■目次

はじめに
[導入編]
1 ようこそあて字の世界へ
2 メディアのあて字を眺めてみれば
3 国語辞書ではあて字はどのように扱われているか
[歴史編]
1 異国のことばを書き写す(古代のあて字①)
2 日本語を漢字で書く(古代のあて字②)
3 文字を使いこなす(古代のあて字③)
4 和語と漢語の結びつき(古代のあて字④)
5 自立語を漢字で書く(古代のあて字⑤)
6 あて字の認識(中世のあて字①)
7 真名で書く(中世のあて字②)
8 整版印刷と振り仮名(近世のあて字①)
9 漢語の口語化と漢字執着(近世のあて字②)
10 西洋との出会いと白話小説(近世のあて字③)
11 漢字平仮名交じり文への統一(近代のあて字)
12 戦後の国語政策とあて字(現代のあて字)
おわりに


●グーグル提供広告