人文学オープンデータ共同利用センターが、IIIF Curation Viewerを用いた日本古典籍キュレーションを公開。現在、以下3つのテーマ【富士山デザイン-横断的に見る描かれた富士山/不美人の描き方–「末摘花」/顔貌比較–美術史研究でのIIIF活用に向けた期待】が公開されています。

【日本古典籍データセットでは、有名な古典文学、挿絵の多い本、また旅行ガイドのような実用的な書物など、様々な作品が提供されています。これらを横断的に閲覧し活用することで、研究としても娯楽としても興味深い発見をすることができます。
日本古典籍キュレーションは、その一例としてIIIF Curation Viewerの機能を用いてテーマごとに日本古典籍データセットから画像を切り出し、解説文とともに紹介します。
富士山デザイン-横断的に見る描かれた富士山
不美人の描き方–「末摘花」
顔貌比較–美術史研究でのIIIF活用に向けた期待】
つづきはこちらから。人文学オープンデータ共同利用センター。
http://codh.rois.ac.jp/pmjt/curation/