« 林原美術館 企画展 一挙公開!「清明上河図」と中国絵画の至宝(平成29年7月15日(土)~9月3日(日)) | メイン | 広重美術館 7月展  夏 納涼浮世絵(2017年6月30日(金)~7月31日(月)) »

2017年7月 3日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●明石市立文化博物館 夏季特別展 オバケ絵大博覧会(2017年7月22日~9月3日)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

展示情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.akashibunpaku.com/exhibition/?id=119

--------------------

夏季特別展 オバケ絵大博覧会
2017年07月22日~2017年09月03日

オバケ浮世絵が、「ぶんぱく」こと明石市立文化博物館にこの夏ゾクゾク大集合。

幽霊、妖怪、モノノケ...呼び方はいろいろあるけれど、ある日突然現れる「すこしふしぎ」なやつら。
もしかしたらあなたの隣に住んでいるかもしれない、そんなオバケたち...。
特に現代よりもはるかに暗い暗い夜の闇で起こる奇奇怪怪な出来事に対して、江戸の人々は、怨念にとらわれたお岩やお菊の亡霊、大江山に住む酒呑童子、化け猫や九尾の悪狐、釣り上げるのも困難な大鯉、妖術で現れる大蝦蟇(がま)や妖術を人間に授ける土蜘蛛など、さまざまな魑魅(ちみ)魍魎(もうりょう)を見出していました。
そんな浮世絵が、「ぶんぱく」こと明石市立文化博物館になんとこの夏ゾクゾク大集合。本展では葛飾北斎、歌川広重、歌川国芳などの絵師たちによる、想像力にあふれたオバケ浮世絵を展示します。もしかすると、見覚えのあるオバケたちに出会えるかも。また、ぶんぱくにオバケ屋敷が登場!オバケ絵でゾクゾク、オバケ屋敷でもゾクゾク。この夏はぶんぱくでゾクゾクしてみませんか。

観覧料
大人 : 800円 大高生 : 600円 中学生以下 : 無料
※前売券大人 600円、前売券大人ペア 1,000円
※前売券は7月21日(金)まで、当館、山陽電車山陽明石駅・ご案内センター(明石)、明石観光案内所にて販売
※20名以上の団体は当日券が2割引、65歳以上の方、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示の方は半額、また介護が必要な方の付き添いは半額、
シニアいきいきパスポート提示で無料

開催場所
展覧会...明石市立文化博物館 1階特別展示室及び2階ギャラリー
オバケ屋敷...明石市立文化博物館 2階大会議室

開館時間:9時30分~18時30分(入館は18時まで)
オバケ屋敷は10時~17時
※8月12日(土)、19日(土)、26日(土)は夜間開館につき9時30分~20時(入館は19時30分まで)

休館日
※会期中無休

主催
明石市立文化博物館、神戸新聞社

後援
兵庫県、兵庫県教育委員会、明石市教育委員会、公益財団法人兵庫県芸術文化協会、
公益財団法人明石文化芸術創生財団、一般財団法人兵庫県学校厚生会、NHK神戸放送局、サンテレビジョン、ラジオ関西、明石ケーブルテレビ

問い合わせ
明石市立文化博物館(電話:078-918-5400)


●グーグル提供広告