« 島根大学法文学部山陰研究センター・シンポジウム「地域とつながる人文学の挑戦―山陰の文学・歴史学・考古学研究から考える―」(2017(平成29)年7月16日(日)13:30-16:30、島根大学松江キャンパス 大学会館3階 大集会室) | メイン | 国際日本文化研究センター・シンポジウム「近世期絵入百科事典データベース公開記念-書物にみる絵ことばの350年」(2017年7月24日 - 25日、国際日本文化研究センター 第1共同研究室、申し込み不要・参加無料) »

2017年7月 6日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

● 名大アゴラ第10回 石井拓児氏セミナー「教育勅語の何が問題か?」(2017年7月22日(土)14:00-16:00 (開場13:30)、名古屋大学 アジア法交流館2階 レクチャールーム1)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

セミナー情報です。

●公式サイトはこちら
http://bit.ly/2sJVZad

--------------------

教育勅語の何が問題か?
石井拓児氏(名古屋大学大学院教育発達科学研究科)

日時 2017年7月22日(土)14:00-16:00 (開場13:30)
場所 名古屋大学 アジア法交流館2階 レクチャールーム1

【【概要】
 森友学園の用地不正取得問題に端を発し、さらに同学園で「教育勅語」を暗唱させる指導が行われていたことが明るみとなったことをうけ、政府は一連の不正問題を解明しようとしないばかりか、閣議決定によって「憲法・教育基本法に反しないような形で教育に関する勅語を教材として用いることまでは否定されない」とする答弁書を作成しました。このことは、現政権が意欲を見せる「憲法改正」と連動するものであることは明らかですし、逆に、現政権の改憲戦略がいかに危険なものであるかを示すものでもあります。
 あらためて総力戦体制への動員のために用いられた教育勅語の歴史的性格についてお話します。教育勅語の内容を、みなさんといっしょに読み解きながらわかりやすく解説する予定です。奮ってご参加くださいますようお願い申し上げます。】


●グーグル提供広告