« 信州大学附属図書館中央図書館1F 展示・地域交流スペース(旭キャンパス)特別展「いざ、木曽路へ─中山道の歴史と「道中記」の世界─」(平成29年7月7日(金)〜21日(金)【一般公開、入場無料】) | メイン | 奈良県立万葉文化館「こい・孤悲・恋 ―アニメ「言の葉の庭」~漫画・日本画―」(平成29年7月15日(土)~8月27日(日)) »

2017年7月11日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●日本出版学会 関西部会 第100回記念(2017年度第2回)ワークショップ「デジタル・ネットワーク社会における出版学の射程とその可能性」報告者: 福嶋 聡氏(ジュンク堂書店難波店店長)(2017年7月31日、関西学院大学大阪梅田キャンパス)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.shuppan.jp/yotei/904--100201722017731.html

--------------------

■日本出版学会 関西部会 第100回記念(2017年度第2回)のご案内(2017年7月31日開催)

ワークショップ
「デジタル・ネットワーク社会における出版学の射程とその可能性」


【概要】
「出版学」とは、何を研究する学なのか?30年余出版学会に関わってきたぼくの頭からずっと離れない疑問です。出版物のコンテンツは極めて多様で豊穣ですが、それらにはそれぞれに研究・批評する学問分野があります。残るは「出版とは何か?」を問い続けることですが、それは、「業界内」の無駄で冗長な自己言及と思われるかもしれません。しかし、インターネット、電子書籍、そしAIが、出版の領国に侵攻し、産業としての出版が足下から揺らいできた今日、(黄昏を迎えて)ようやく「出版とは何か?」という問いが意味を持ってきたように思うのです。出版に関わる様々な立場からの、活発な議論を期待します。(福嶋聡)

●日 時:2017年7月31日(月) 18時30分~20時30分
●報告者:福嶋 聡氏(ジュンク堂書店難波店店長)
●コメンテーター:湯浅 俊彦氏(立命館大学文学部教授)
●会 場:関西学院大学大阪梅田キャンパス1408教室
  http://www.kwansei.ac.jp/pr/pr_001746.html
  大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワー14階
  「梅田コマ劇場」「ホテル阪急インターナショナル」のあるビルです。
  オフィス用エレベーターをお使いください。

●交 通:阪急梅田駅茶屋町口徒歩5分、JR大阪駅北口徒歩8分、地下鉄梅田駅徒歩8分
●参加費:会員300円、非会員500円。
●申込み:不要。会員でない方の参加も大歓迎です。当日直接お越しください。

●連絡先
日本出版学会関西部会担当:湯浅俊彦 
立命館大学
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1 
TEL: 075-466-3136 (研究室直通) FAX:075-465-8188(文学部事務室)

主催:日本出版学会関西部会


●グーグル提供広告