« 明治大学日本古代学研究所「韓国愛情伝奇小説の世界~翻訳紹介の意義と研究の展望~」(2017年7月30日(日)13:00〜17:30、明治大学駿河台キャンパス グローバルフロント2階 4021教室) | メイン | 第313回日文研フォーラム・葛 継勇氏「千二百年前の文化交流――入唐日本人の生活と交友」(2017年9月12日、ハートピア京都 3階大会議室) »

2017年7月26日

 記事のカテゴリー : いただいた本・送られてきた本

●犬飼 隆『儀式でうたうやまと歌 木簡に書き琴を奏でる』はなわ新書84 〈美夫君志リブレ〉(塙書房)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

塙書房さまよりいただきました。

9784827340846.jpg

犬飼 隆 著
新書判 196頁
2017年7月発行
定価 1,296 円 (本体1,200 円+税)
ISBN 978-4-8273-4084-6

版元公式サイト
http://rr2.hanawashobo.co.jp/products/978-4-8273-4084-6

【大和の丘に響く和琴と歌声
日本語の歌を木簡に書いて飾り、琴で伴奏して祈りを込めてうたう

五七の句を繰り返すやまと歌は、自然に発生したのではなく、行政が整えた儀式の音楽として、七世紀に生まれた。
日本語の歌と儀式とのかかわりを中心として、「和歌以前」の姿を描き出す。】

【目次】
第一章 儀式やその後の宴会の席で日本語の歌をうたっていた
第二章 仏教の供養として日本語の歌をうたう
第三章 和琴の種類とはたらき
第四章 七、八世紀の日本の音楽制度
第五章 唐風化政策によって文化意識が変わる
第六章 和琴の伴奏で日本語の歌をうたう
第七章 八世紀の日本社会のなかの音楽と日本語の歌
第八章 儀式の音楽の歌から文学作品の和歌へ


●グーグル提供広告