« 国際日本文化研究センター「怪異・妖怪画像データベース」更新。107件の画像データを追加。 | メイン | 日本近代文学館・高橋和巳文庫追加登録【著書など図書(約260冊)を登録しました】 »

2017年7月20日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●平成29年度 コーパス合同シンポジウム 「コーパスに見る日本語のバリエーション ―話者の属性―」(平成29年9月8日 (金) 10:00~16:30、国立国語研究所 講堂)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2017/20170908-sympo/

--------------------

開催期日
平成29年9月8日 (金) 10:00~16:30
開催場所
国立国語研究所 講堂 (東京都立川市緑町10-2)

【概要

言葉は,話し手・聞き手・場面・話題など,さまざまな要因によってさまざまな形で現れます。では,どのような要因がどのように働いて,どのような言語表現が作り出されるのでしょうか。このシンポジウムでは,話者の年齢,性別,社会的属性,言語学習歴,言語環境といった「話者の属性」が言語表現とどのように関係しているのかについて,コーパスから分かることを探っていきます。】

プログラム

司会 : 迫田 久美子,木部 暢子

10:00~10:10
開会の挨拶

10:10~11:10
招待講演
「待遇コミュニケーションにおける「人間関係」と「表現形式」との連動」
蒲谷 宏 (早稲田大学大学院 日本語教育研究科 教授)

11:20~12:00
研究発表1
「学習者コーパスに見る言語環境の違いとコミュニケーション」
迫田 久美子 (国立国語研究所 客員教授)

12:00~13:00
お昼休憩

13:00~13:40
研究発表2
「諸方言コーパスに見る男性の言葉・女性の言葉」
木部 暢子 (国立国語研究所 言語変異研究領域 教授)

13:40~14:20
研究発表3
「話し言葉コーパスに見る言葉の年齢差」
小磯 花絵 (国立国語研究所 音声言語研究領域 准教授)

14:20~14:50
休憩

14:50~15:30
研究発表4
「歴史コーパスにおける話者属性アノテーションとその可能性」
小木曽 智信 (国立国語研究所 言語変化研究領域 教授)

15:40~16:20
まとめ (ディスカッション,およびフロアからの質問)

16:20~16:30
閉会の挨拶


●グーグル提供広告