« 大阪市立大学文学部特別授業 上方文化講座2017『祇園祭礼信仰記』(平成29年8月23日(水)~25日(金)※要申込) | メイン | 田山花袋記念文学館「収蔵資料展」(2017年7月27日(木)~10月15日(日)) »

2017年7月31日

 記事のカテゴリー : 学会・講演会・展覧会情報

●徳田秋聲記念館 文学講座「宇野千代と東郷青児―もうひとつの『色ざんげ』」講師:尾形明子氏(2017年8月26日(土)※要申込)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr LINEで送る

講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kanazawa-museum.jp/shusei/event/index.html#bungakukouza

--------------------

文学講座「宇野千代と東郷青児―もうひとつの『色ざんげ』」

                           定員:30名程度

企画展「罌粟(けし)はなぜ紅い~千代と秋聲~」にちなみ、文芸評論家・尾形明子氏に、千代の当時の伴侶であった画家の東郷青児に取材して執筆された代表作『色ざんげ』にまつわるエピソードについてご紹介いただきます。

日 時 8月26日(土) 18時~19時30分 
★20時まで開館延長いたします(入館は19時30分まで)
場 所 徳田秋聲記念館2階 文学サロン
講 師 尾形 明子(文芸評論家、元東京女学館大学教授)
費 用 入館料のみ
申 込 電話にて申込 ※7月9日(日)10時より受付開始         


●グーグル提供広告