京都国立博物館 名品ギャラリー「至高の書跡」(2017年7月25日~2017年9月3日)

展示情報です。
●公式サイトはこちら
http://www.kyohaku.go.jp/jp/theme/index.html

——————–
至高の書跡
2017年7月25日 ~ 2017年9月 3日
現在、書跡分野の館蔵品において、国宝に指定されている文化財は16件あります。ご存じのように、当館では10月3日(火)から11月26日(日)まで、41年ぶりとなる「国宝」展を開催し、このうちの9件が出品される予定です。さまざまな事情により、残念ながら公開の叶わなかった7件についても、この機会に是非ご覧いただきたく、プレ「国宝」展と位置づけて展示をいたします。能書として知られる尊円親王(1298~1356)も言うように、人が手ずから書いたものには「魂」が宿ります。時代・内容・地域ともに、バリエーションに富んだ、すばらしい「書」の世界をお楽しみいただくとともに、先人たちの息づかいを感じてくださると幸いです。